牧場での体験学習と職業

畜産関係の仕事は、色々な情報が流れてきていて、その内部の事情などもアニメ等やマンガで、ただ幻想的な姿だけではなく現実的な姿も表現していますが、それでもそれらの仕事をしたいという人は大勢いるのではないかと思います。もともと日本人は農業専従だったのですから無理もないと思います。畜産関係でも、昔は牧という部署があり、馬や牛を部族で飼っていた程ですから、その延長線上に、今の畜産があるわけで、昔のそのような仕事の家系では、今でも遺伝子の中にそのような部分があり、無意識に関心をもつのだろうとも思います。もしこれから、そのような仕事につきたいという人が増えてくれば、経営も合理化されて、大きな発展をしていくのだろうと思います。ニュージーランドのように人口より羊のほうが多い国もあるくらいです。日本でも畜産関係の仕事をしたいという潜在的な希望はたくさんあると思います。そのような人たちが牧場でまず体験できれば、関心も深まります。

牧場での体験と観光旅行

牧場というと、最近は仕事として目指す人も増えていて、その仕事は見た目とは違い、大変難しい仕事でもあるようです。経営方法、やそれぞれの動物の相場や、価格の変動、飼料などの価格や人件費、また人を集めたりすることなど、なかなか大変な職業です。しかし観光面から見ると、とても興味が持てる観光名所にもなります。特に最近は動物関係の人気が高く、ストレスを解消するためにも、動物の治療はなくてはならないものになりかけています。そうなると観光などでも、これからも、牧場は非常に興味が持たれ、観光名所にもなります。特にテーマパークなどでの出会いとは違い、自然の中での出会いですから、また違った刺激になります。また乳搾りなどや食事などの体験もできますので、それも人気があるようです。特に子どもたちが、小さな頃それらの体験ができれば、非常に勉強にもなり、牧畜への関心も深まるのではないかと思います。そのような意味でも、牧場の観光旅行や体験はとても良いのではないかと思います。

牧場で、どういった作業をするのか体験を

私達が、毎日飲む牛乳も、牧場で働く方のおかげで、飲めるのだと思います。牧場は広々としているので、仕事的には、楽な仕事に思われる方は、実際に体験してもらいたいですね。牛の世話を一日中することになるので、仕事としては、重労働なのです。牛も私達と同じ生き物なので、病気になることもあるので、病気にならないように毎日の健康管理は徹底されているのです。毎日排泄物を除去して、きれいにしてあげることや、牛のストレスをためないために、放牧をされることもあるのです。牛が食べるえさも、数十頭いる牧場であれば、均等にえさをわけることが大事なのです。また、牧場の朝は、とても早いので、寝坊をすることは許されないのです。簡単に見える仕事でも、実際に働いてみると、大変な仕事なのです。今は、機械で牛乳をしぼっているのですが、昔は手作業でやられていたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*